• ホーム
  • できてしまったシミを薄くする方法を発見!トレチノインで治療できる

できてしまったシミを薄くする方法を発見!トレチノインで治療できる

顔を洗っている女性

鏡を見るのも憂鬱になる目の下や頬に出来たシミ、カバー力のあるコンシーラーやファンデーションを使用してもなかなか消えない。シミに効果があるという高級化粧品で毎日お手入れをしているのにも関わらず改善されないという人も多いでしょう。レーザー治療はお金も時間もかかるし、初めての人は特に抵抗がある治療です。
そんな長年悩んでいるシミに効果を発揮する医薬品、それがトレチノインです。トレチノインとはビタミンA誘導体の事で、通常のビタミンAの50~100倍の効果があると言われています。米国では既にしわやニキビの治療薬として約30年前にはFDAに許可されており、日本よりも多くの患者さんに使用されている医薬品です。
トレチノインは元々人間の血液中にごく微量ですが含まれている成分の為、使用してもアレルギー症状が現れる事はありません、肌再生効果が高く、医療機関の場合はこれにヒルドイドやビタミンCローションを組み合わせて治療を行う事が多いです。
トレチノインは皮膚表面に蓄積された古い角質を剥がす作用があります。剥がすことで滞っていたターンオーバーを活性化させ、表皮の細胞をどんどん分裂や増殖させて肌の生まれ変わりを促します。その際に肌の奥深くにあるメラニン色素を押し上げていくのでシミが薄くなるという事になります。
にきびの原因は毛穴に皮脂が詰まり内部が炎症を起こすことで発生しますが、その皮脂の分泌を抑えるのでニキビ治療にも効果を発揮します。
美肌成分でもあるコラーゲンの増生を促すので、皮膚のハリや小じわで悩んでいる方はこれらが改善する傾向にあります。ただし目じりの深いしわの場合は3か月ほど継続して使用する必要があります。
トレチノインを使用すると暫くして反応性の炎症や皮膚がぼろぼろ剥けてきたりします。これはアレルギー反応ではなく薬が効いているという好転反応と呼ばれるものです。これらの症状は自然と落ち着いてくるので、無理に剥けた皮膚を剥がしたり引っ掻いたりしないようにしましょう。しばらくしてもこういった反応がない場合、逆に薬が作用していないことになる為、再度皮膚科や美容整形外科など薬を処方してくれた医療機関を受診する必要があります。
また、ハイドロキノンと併用して使用している人は、この期間は刺激を感じることがあります。刺激を感じた場合はトレチノインを一時お休みしてハイドロキノンだけを塗るようにしましょう。痛みが強すぎたり出血や赤くなりすぎた場合、ただちに使用を中止しすぐに医療機関を受診してください。