• ホーム
  • なんとなく生理中は肌の調子が悪い?ニキビとの関係を調べてみました

なんとなく生理中は肌の調子が悪い?ニキビとの関係を調べてみました

生理前や生理中になると何となく化粧ノリが悪くなる、ニキビなどの肌荒れが起こりやすくなるという声があるようです。生理とニキビには一体どんな関係があるのか、それには体内の女性ホルモンのバランスが関係あります。
女性ホルモンはごくわずかな量でも様々な働きに影響する、いわば情報伝達物質の1つでもあります。一口にホルモンと言っても様々な種類がありますが、その中でも女性ホルモンは肌と大きな関わりがあると言われています。その女性ホルモンの中で特に肌と関係すると言われているのがエストロゲンとプロゲステロンです。まずエストロゲンは月経が終了すると排卵に向かって増加し、次の月経の直前に急減するホルモンになります。肌の弾力にかかわる細胞に働き、コラーゲンやヒアルロン酸を促進するので、このエストロゲンが分泌されていると肌がきれいな状態を保つことができます。
プロゲステロンは、排卵後に黄体が形成されて次の月経の直前まで分泌されます。皮脂の分泌を過剰にするので、Tゾーンがべたついたりファンデーションを塗っても崩れやすいのはこのホルモンが影響していると言われています。女性の体は4つの時期で体調や肌に影響を与えます。月経、排卵前、排卵後、月経です。月経開始の週は血液の循環も悪く貧血気味で顔色も優れない人が多いです。冷えによる肌荒れも起こりやすい時期と言えるでしょう。排卵前は最も体調がよく、肌の状態もいい時期ですが、排卵後は浮腫み易く便秘にもなりやすいので、ニキビなどの肌荒れも起こりやすい時期に当たります。月経前は最もトラブルが多く、浮腫みやイライラでホルモンバランスも乱れやすく更に肌荒れが起こりやすくなるでしょう。
生理中は肌が敏感になる為、いつもの化粧品がより刺激を感じてしまうこともあります。そのため生理中はいつもの化粧品ではなく敏感肌専用にするのもいいでしょう。肌バランスを整えてくれる化粧水や乳液を使用し、しっかりとケアすることでニキビを減らすことができます。Tゾーンが脂っぽいということで過剰な洗顔を行うと余計に皮脂が分泌されるため、保湿をしっかりと行えば過剰な皮脂の分泌をコントロールできます。ビタミンCを含んだ化粧水や美容液を使用することで、皮脂のバランスをコントロールすることも可能なため、このデリケートな時期に合わせて使用するのもいいでしょう。
ホルモンバランスを整える漢方薬を使用したり、スイートオレンジやカモミールなどのアロマの香りを取り入れるだけで不眠症状やストレスを緩和し、ホルモンバランスを整えることも可能です。いつもよりイライラしたり不眠の人は積極的に日常生活に取り入れてみましょう。