• ホーム
  • レーザー脱毛のリスクや肌トラブルについて知っておきたいこととは?

レーザー脱毛のリスクや肌トラブルについて知っておきたいこととは?

若い人を中心に人気のある脱毛。女性だけではなく男性からも人気がありメンズ専用サロンやクリニックも出来るほど、美意識に男女も関係ありません。自己処理と言えばシェーバーで剃ったり毛抜きで抜いたり、除毛クリームやワックスで剥がすといった自己処理があります。しかし、これらの方法では肌トラブルになるリスクが大きいのはご存知でしょうか。肌が赤くひりひりしてしまったり、毛穴に雑菌が入り込んで炎症や化膿してしまう肌トラブルになる可能性があります。
そこで今クリニックなどでレーザー脱毛をする人が多いのです。レーザーでのムダ毛処理は医療機関でしか取り扱うことが出来ず、尚且つ効果が永久の為ムダ毛処理がめんどくさく自己処理ではトラブルになった経験がある人にはお勧めです。エステサロンによってはレーザー脱毛や効果が永久と謳っているサロンもありますが、それらは危険なサロンなので決して行かないようにしましょう。
レーザーで処理をする場合、まず自分がどの部位を処理したいのか決めていきます。もちろん美容外科でも全身からパーツごとまで好きな部位を行う事が可能です。人気のクリニックの場合、脱毛完了までの回数を教えてくれたりアフターフォローまで充実しています。
ここでレーザーのリスクとして挙げられるのは火傷です。エステサロンの場合光を使用したムダ毛処理なので、火傷のリスクは少ないのですが医療機関で使用している光はとても強く、尚且つ光で毛根を焼くのでサロンよりも痛みはあり火傷をする可能性もあります。
特に痛みを感じるのはVIOなど粘膜に近い部位です。よく痛みの表し方として輪ゴムで弾かれたようなと書いてあるケースがありますが、それは粘膜部位ではない腕や脚になり、粘膜付近は強い痛みを感じることが多いでしょう。
どうしてもVIOを処理したいという場合、クリーム麻酔を施してから施術を行うので、痛みは軽減されます。効果を上げる為に出力を上げるとさらにその分痛みは強くなってしまうため、どうしても痛みが気になる人は我慢をせず医師や看護師に伝え出力を下げてもらいましょう。
レーザーをすると全員ではありませんが色素沈着になることもあります。レーザー光の調節ミスや照射に仕方の甘さなど技術不足のクリニックに起こるトラブルです。また硬毛化という逆に今よりも更に毛が太くなってしまうというケースも報告されています。医療脱毛は効果が永久でムダ毛処理の手間も省けるので便利なのですが、肌トラブルやリスクがあることも頭に入れておきましょう。