• ホーム
  • 夏が来ようと冬であろうと絶対に焼かない!日焼けの対策方法を紹介

夏が来ようと冬であろうと絶対に焼かない!日焼けの対策方法を紹介

肌がきれいな女性

美肌の大敵ともいわれている紫外線。紫外線は夏だけ対策をすればいいと考えている人もいるかもしれませんが、その考え方は間違っています。紫外線は1年を通して降り注ぎ、油断している冬場や曇りの日でも空からたっぷり降り注いでいます。お手入れをせずに短時間だからという考えで外出したら、いつの間にかうっかり日焼けをしてしまうケースも多いです。
季節問わず日焼け対策は必要ですが、ただサンスクリーンを塗って帽子を被ればいいという訳ではなく正しい方法をしなければ全く効果はありません。
まずサンスクリーンの正しい塗り方です。朝塗ったらそのまま夕方まで塗りなおさないという人は、まったく意味がない行為をしています。夏は汗をかいてしまうので塗ったサンスクリーンが落ちます。落ちてしまえば紫外線をカットする力も当然落ちるので日焼けをしてしまうため、2~3時間ごとに塗りなおす必要があります。紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、UV-Bはしみやそばかすの原因になるもの、UV-Aはしわや弛みの原因になるものが含まれています。きちんと対策をしないとどんどん肌が劣化していき、実年齢よりも老けてしまいます。また、紫外線は目からも入ると言われており、サングラスをしている人としていない人では日焼けの度合いが異なります。夏に長時間外出する場合は、サンスクリーンに加えてつばの広い帽子に紫外線カットするカーディガン、サングラスを着用するといいでしょう。
また、日ごろのスキンケアの方法を変えるだけでもシミやしわを改善し、クリアな肌を保つことができます。長時間外出や海水浴をして紫外線をたっぷり浴びてしまったという日は、美白成分たっぷりのフェイスマスクがおすすめです。化粧水で肌を整えたらフェイスマスクを貼ってしっかりと肌の奥まで成分を浸透させましょう。紫外線を浴びると肌が乾燥してしまうので、潤いも補給されしわの予防にもつながります。ただしフェイスマスクを長時間はりっぱなしにすると逆に肌が乾燥してしまうため、指定された時間は必ず守るようにしましょう。その後肌についている美容液を手でなじませたら、同じく美白成分がたっぷり含まれたクリームを塗って終了です。規則正しい生活と十分な睡眠を確保するだけでも美肌には効果を発揮します。また、夏だけではなく冬も紫外線はたっぷり降り注いでいます。特にウインタースポーツをする人は積もった雪の反射で日焼けをするので、紫外線対策はしっかりと行いましょう。